Pride and Prejudice 「高慢と偏見」を読みました

Jane AustenのPride and Prejudiceを読み終えました。

 

Pride and Prejudice (Oxford World's Classics)

Pride and Prejudice (Oxford World's Classics)

  • 作者: Jane Austen,James Kinsley,Fiona Stafford
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (T)
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

ジェーン・オースティンは19世紀初頭のイギリス人作家で、彼女の作品は英文学の古典として高く評価されています。

 

イングランド中流階級の女性の私生活や結婚の様子を、鋭い人間観察眼と皮肉を持って描写するのが作品の特徴とされています。

 

このPride and Prejudiceも、イングランドの田舎を舞台としており、女性の結婚を中心として恋のすれ違いを描いている恋愛小説です。

 

主人公であるエリザベス・ベネットは鋭い観察眼を持った聡明な女性なのですが、彼女の田舎にやってきた資産家ビングリーの友人ダーシーに対して、彼の「傲慢さ」から強い嫌悪感を抱きます。


しかし、物語が進むにつれて、彼女が思い込んでいたのとは異なるダーシーの姿が明らかになってゆきます。

 

人間描写がとても優れており、キャラクターが非常に魅力的です。古典文学ですので、現代の小説とは文体が異なっており、読みづらい部分や分かりづらい単語もあるのですが、それを補うほどの面白さ・魅力のある恋愛小説だと思います。

 

よろしければ応援クリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ