英語と時間とエネルギー

英語を身に着けるために最もよい方法は何だと思いますか?
僕は、その最善の方法を知っています。

 

英語を思ったようにペラペラと喋ることも、
早口の英語を聞き取り、字幕なしで英語を楽しむことも、
自分の考えたことをきちんと英語で文章にすることも、
すらすらと英語を読むこともできるようになります。

 

もちろん、全く努力をしなくてもよい、というわけではありません。
ボキャブラリーや文章の書き方などは磨く必要がありますし、
小難しい文章が完璧に読めるとは限りません。

けれど、努力しているという意識もなく、
日本人には不可能だとも言えるレベルの
非常に高い英語の能力を身に着けることができます。

 

何だと思われますか?

 

それは、英語母語話者として産まれることです。

 

ここまで期待して読んでくださった方は僕に向かって石を投げつけたい気分になったと思います。すみません。
おそらく同じようなことを言った英語学習者の方々も多くいらっしゃると思うのですが、言語を身に着けるうえでは、ネイティブスピーカーとして産まれることに敵う方法はありません。

 

そんなのは当たり前だろうが、外国語学習の話をしてるんだこっちは、と思われた方もいらっしゃると思います。すみません。
国語学習というのは、基本的には非常に時間とエネルギーがかかるものです。

ある程度英語を学んでいる方であれば、
「何も努力せずに3日で英語をらくらくマスター!」
というのは非常に困難なことだとお分かりだと思います。
(実は僕が知らないだけでもしかしたらそういう方法が存在しており、
言語学習秘密結社の間でのみ脈々と受け継がれているのかもしれませんが)

 

というわけで、英語を学ぶためには時間とエネルギーをかけて努力するのがよい、
というのが僕の考えなのですが、
英語に時間とエネルギーを費やすためには、
当然ながらほかの何かに向ける分を犠牲にしなくてはなりません。

エネルギーに満ち溢れている人か、相当に要領のよい人でなければ、
あれもそれもこれもやって、仕事も全力でやり、人間関係も完璧で、
趣味も充実させ、そのうえ英語もやって、というのは不可能ではないにしろ、
なかなか難しいことだと思います。

英語はできなきゃいかん!グローバル化だ!と叫ばれる中で
やりたくもないのに時間と手間のかかる英語を勉強せざるをえないとしたら、
多くの人に「努力のいらない」英語学習法が求められるというのは、
時間を無駄にしたくない、自分にとって他の価値ある何かに時間を向けたい、
という効率の追求の表れなのかもしれません。

 

 

よろしければ応援クリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ