【雑記】英語の発音のはなし

英語の発音について少し書きたいと思います。 

 

僕は帰国子女ではなく、海外で長期間暮らした経験も全く無いので、当然日本人なまりがあります。いちおう、日本語にない発音、r と l とか、th、f、v とか、あるいは子音のうしろに不必要な母音を続けないとか、そういった点は気をつけて発音しているつもりですし、何とかなっている気がします。多分。が、どの単語に強勢を置くだとか、抑揚はどうするだとか、スムーズに流れるようにつなげるだとか、そういった観点から見ると「あ、母語話者ではないな」と思われるような英語だと思います。発音に関して言えば、英語圏で数年暮らしました!というような小中学生にはもう全く敵わないんですね。

 

「カタカナ英語で何が悪い、日本人なんだから日本人のなまりがあって当然じゃないか、世界中の人々はなまりがあっても自信を持って英語を話しているじゃないか」

 

確かに自信を持って英語を話すことは大事だと思います。「なまりのある英語を話すなんてかっこ悪い…」と腰が引けていたらコミュニケーションになりませんし、本当に大事なのはなまりの有無よりも、往々にしてその人が英語で「何を話すか」だと思います。

 

ただその一方で、「『分かりやすい』とか『標準的』とされるものに近づけておくにこしたことはない」とも考えられると思います。日本人は、例えば r と l の区別ができないと言われます。よく引き合いに出される例ですが、rice「米」をlice「シラミ」と発音してしまう、などのように。英語を母語とする人がそれでどうこういうとはあまり思いませんが、話し手が r と l を区別して発音していれば、聴き手は頭のなかでいちいち置き換えたり補完したりする手間が省けます。そうすることによって、コミュニケーションがよりスムーズになってうまくいくようになる、と僕は思います。

 

しかし、こういう考え方はやっかいな問題に突き当たります。

 

「その『分かりやすい』って誰にとっての分かりやすさ?」

「誰にとっての『標準的』な英語を目指しているの?」

「英語の発音が『正しい』とか『間違ってる』とか誰が決めるの?」

「『正しい』英語は絶対で、『間違ってる』英語は馬鹿にしていいの?」

 

日本だと、想定されている英語はアメリカ英語かイギリス英語がほとんどだと思います。Waterを「ワラ」と発音しても間違ってるとは言われないでしょうが、Wednesdayを「ウェドネズデイ」というと「間違っている」とされてしまうんですよね。「インドではこう発音するんです!」と主張したとして、「ウェドネズデイ」は果たして「正しい」発音として通用するのでしょうか。結構難しいだろうなと思います。「ネイティブはこう言わない!」とか言われるのではないでしょうか。

 

じゃあ、僕はアメリカ人のように英語を話すために、あるいはアメリカ人と容易にコミュニケーションを取れるようになるために英語を勉強しているのだろうか??と思ったりもします。そうではないはずなんですけどね。