【初心者から上級者まで!】英語の音読に何を使えばいい?音読用おすすめ書籍3選

「英語学習には音読が良いらしい!」

「でも何を使って音読すればいいか分からない…」 

そんな方のために、英語音読用のおすすめ書籍3選をご紹介します。

 

 

英会話・ぜったい・音読シリーズ

 

英会話・ぜったい・音読 【入門編】?英語の基礎回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【入門編】?英語の基礎回路を作る本

  • 作者: 国弘正雄,千田潤一,久保野雅史
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2001/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 21人 クリック: 134回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
 

 

英会話・ぜったい・音読 【標準編】?頭の中に英語回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【標準編】?頭の中に英語回路を作る本

  • 作者: 千田潤一,国弘正雄
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2000/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
 

 

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】?英語の上級回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】?英語の上級回路を作る本

  • 作者: 千田潤一,国弘正雄
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2001/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 

一つ目は『英会話・ぜったい・音読』シリーズです。

音読の重要性を強調された同時通訳者、國弘正雄氏による「只管朗読」というコンセプトに基いて、音読を練習できるように編集された書籍です。

音読を繰り返し繰り返し行うことによって英語の基礎回路を作る、ということを目的としています。【入門編】では中学教科書レベルの英語から始まり、【挑戦編】では高校教科書レベルの英文へ、と徐々にステップアップすることができます。

中学・高校レベルと言えども、音読を通じて自由に使いこなせるレベルまで落とし込めれば、ちょっとしたスピーキングについては殆ど不自由なく意思疎通が取れるようになります。

「英文の意味を理解し、それを自分の口で何度も何度も繰り返し音読を行う」ことがコンセプトですので、「気軽に・楽々」といった考えからは対極にあります。(書籍のなかで提案されているトレーニング方法にきっちり従うのは正直なところ結構大変です。)しかし、このように「実際に英語を自分の口から出す」という訓練を積むことの効果は大きいですし、そのための教材としては非常に優れたものだと思います。

 

 

英語力がアップする音読パッケージトレーニングシリーズ

 

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

 

 

ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)

ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)

 

 

もっともっと英語力がアップする音読パッケージトレーニング上級レベル (CD BOOK)

もっともっと英語力がアップする音読パッケージトレーニング上級レベル (CD BOOK)

 

 

続いては、『英語力がアップする音読パッケージトレーニング』シリーズです。

『瞬間英作文トレーニング』『英語上達完全マップ』の森沢洋介氏による教材で、音読、リスニング、リピーティング、シャドーイングをまとめて行うことを想定されています。

こちらも、『みるみる』は短めの中学レベルの英文から始まります。『もっともっと』では英検準1級の英文を題材とし、ある程度長さもあり内容も硬い英文を扱っていますので、一冊ずつ音読し潰していくことで非常によいスピーキングの練習となります。

『もっともっと』まで進めると、『英会話・ぜったい・音読』シリーズより少し難易度が高く感じられるかもしれません。いずれにせよ、どちらの教材も基礎的なところから音読の練習を重ねることができますし、音読のトレーニングの仕方もそれぞれ微妙に毛色が異なっています。ぜひ実際に目を通していただいて、自分と相性の良さそうな方を選んでいただければと思います。

 

 

実践ビジネス英語

 

www2.nhk.or.jp

NHK CD BOOK 実践ビジネス英語 ニューヨークシリーズ ベストセレクション

NHK CD BOOK 実践ビジネス英語 ニューヨークシリーズ ベストセレクション

 

 

最後のひとつは上級者の方向けとなりますが、NHKの『実践ビジネス英語』です。

語彙や表現のレベルが高く、話題も多岐に渡るのですが、このレベルが自由に使いこなせるようになれば、第二言語学習者としては非常に高いスピーキング能力を持っていると言ってもよいのではないでしょうか。

もちろん毎月出版されているNHKテキストを使用されても良いですし、上記リンクのようにセレクションとして書籍になっているものを使用されても良いと思います。

 

おわりに

今回は音読用のおすすめ書籍をご紹介しましたが、これらに限らず、自分の好きな英文の一節、詩、あるいはスピーチなどを題材とするのも非常によいと思います。音読を繰り返して自分の中に刻みつけた英語こそが、自分の英語の根幹になるのだと思います。